電子情報通信学会LOIS研究会で発表しました

3月7日(木)~8日(金)の2日間にわたって、宮古島市中央公民館で開催された、電子情報通信学会ライフインテリジェンスとオフィス情報システム(LOIS)研究会において、宇津研究室から2件と、東海大学グローカルモニタリングプロジェクトの取り組みに関する2件の発表を行いました。宇津研究室からは宇津と,3年生の近藤さんがそれぞれ発表しました。

宇津圭祐,植田俊,田島祥,梶田佳孝,村上祐治,内田理,
”札幌市南区における市民参加型まち歩きワークショップの報告”,
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 485, LOIS2018-61, pp. 35-40, 2019年3月

近藤恵,西川修史,内田理,宇津圭祐,
”平成30年7月豪雨時における救助要請ツイートのハッシュタグ利用傾向”,
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 485, LOIS2018-62, pp. 41-46, 2019年3月

山田実俊,宇津圭祐,内田理,
”災害時ツイートにおけるユニコード絵文字の利用傾向の分析”,
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 485, LOIS2018-63, pp. 47-52, 2019年3月

内田理,小杉将史,武井真人,近藤拓也,前田晃希,
”みちれぽ:道路状況通報システム”,
電子情報通信学会技術研究報告, vol. 118, no. 485, LOIS2018-64, pp. 53-56, 2019年3月